ビックリ!!私がニュージーランドで驚いたKiwiライフスタイル

ビックリ!!私がニュージーランドで驚いたKiwiライフスタイル

690
0
シェア

必ず留学したらみんなが通る道がカルチャーショックです。

私も初めて来た時や今でも「どうして?、ありえなーい!」と思う事がたくさんあります。

今回はそんな中からいくつか厳選したのでご紹介します。

交通機関

IMG_1924

海外は時間にルーズなイメージがあると言われています。

ですが私の住んでるクライストチャーチも全くイメージ通りです。笑

ここでは電車が無く、バスが主な交通手段になっています。

学生の登校時間の朝はバスが時間割通りに来ます。

※ちなみに時間割は15分に1本となってます。

ですがこれを過ぎると、どんどんルーズになっていきますー

放課後は時間割を見てもほぼバラバラで2台続けて来たりする時もあります。

夜はもう酷くて30分や1時間以上待つ時もあります。

だけど便利なものもあって、バス停では電子版やボタンでいつバスが来るか調べることが出来ます。

でも時間のルーズさよりも私を驚かせたのがバスの運転手たち。

・スピード出し過ぎ、ブレーキが荒い。

・自分の好きな曲やラジオをバス内にガンガンかける。

・タバコを吸いに消える。トイレへ行って消える。

・みんな乗せたままガソリンスタンドへ。

・道を忘れて私に聞く。or 違う道を行く。

・後ろのドア開けたまま走る。

まだまだありますがココまで来るともう笑えてきます。笑笑

もちろん、良い運転手もいるので心配しないで下さい!

でも彼らは日本だったらまずクビですね。笑

裸足事情

IMG_1919

夏も冬も関係無しにショッピングモールやトイレ、バス、街中でも裸足で歩く人を見かけます。

ガラスの破片などで怪我をする危険や汚いですが彼らはあまり気にしてないみたいです。

そういえばニュージーランドの先住民族マオリも裸足でした。

その風習が残ってるんでしょうか?

詳しくは分かりませんが私も実は時々裸足で歩いてます。笑

結構きれい好きな人からしたら受け入れられないと思いますが私は好きなニュージーランドカルチャーの1つかもしれません。

皿洗い

IMG_1917

これは今では私の中では当たり前になっている事です。

みなさんは皿洗いをする時に洗剤をつけて汚れを落としてから水で流すと思います。

私の場合(Kiwi流)は洗剤をつけて汚れを落として…はい。終わりです。

みなさん違いが分かったでしょうか?笑

そうなんです!私は洗剤を流さず、アワアワのままタオルで拭きます。

さすがに最初は抵抗ありましたが面倒くさがりの私はもう当たり前になってました。

日本ほど洗剤が強くないのであまり体に害が無いと思いますが、食べてて洗剤の匂いがする時があります。笑

 

男子のヘアスタイル

日本人も髪型にはこだわりがあるようにニュージーランド人にもあります。

ですがそれはかなり異なります。

ではニュージーランドで主流な髪型をお見せします。

まずこちら!

IMG_1906

後ろ姿だけですがこの髪型は下を丸々刈り上げて上だけ残しています。

これでどちらか横に寄せたりしてる人もいます。

日本でもツーブロなど刈り上げてる人を見ますがここまでするには勇気いりますね。

私の学校ではかなりこの髪型の人は多いです。

その大体はイケメンです!笑

IMG_1921

次は前回の髪型の上の部分が長くて団子にしたり、結わいてあります。

いわゆる、ちょんまげですね!

なのにこれは日本では見ないですね。笑

でもAll Blacksの選手もしてるくらいニュージーランドではポピュラーです。

よくこの髪型の友達には『サムライ』って言ってます。笑

 

ファーストフード店

IMG_1923ファーストフード店の代表するマクドナルドやバーガーキングはニュージーランドにあちらこちらにたくさんあります。

最初、日本と一緒だと思ってメニューを見て頼もうとしたらメニューがどこにも見当たらない!?

なんと全部書いてあるメニューが無いんです。

とりあえず、私はチーズバーガーしか食べないのでそれを頼みました。

そしてセットにしたので飲み物を聞かれました。

そこで紅茶を頼もうとしたら、セットの飲み物は炭酸しかないと言われました。

本当にこれにはビックリ!炭酸嫌いな人はきついですね。

バーガーキングでは飲み物がバイキングみたいになってるのですがこれも全部炭酸!

ある友達があまり食べすぎ飲みすぎないように炭酸でお腹いっぱいにさせるためと言ってました。

それでも食事に炭酸だけは嫌ですねー

ちなみにニュージーランドのマクドナルド限定のトリプルチーズバーガーとフローズンコーラが私の大好物です!!

さて、今回はこれくらいにしておきます!

一緒に少しでも共感してくれましたか?

カルチャーショックはそれらを受け入れたり、改めて日本の良さを感じることができる大切な留学中のイベントだと思っています。

これからもあっ!と驚く事がたくさんあると思うのでまた機会があれば紹介します!

 

Author Profile

Yuri(ニュージーランド)
Yuri(ニュージーランド)
2014年からニュージーランドのクライストチャーチに留学生しているYuriです。
今年がニュージーランド留学の3年目であり、最後の年になります。 大学はアメリカへ渡って留学前からの夢である客室乗務員を目指します!

コメントなし

返事を書く