Lonely Planetが選ぶ、世界のトップシティー7位、フリーマントルってどんな街?

Lonely Planetが選ぶ、世界のトップシティー7位、フリーマントルってどんな街?

241
0
シェア

 

こんにちは、Shunです。かなり久しぶりの更新となってしまいました。今回は、西オーストラリア、パースの近くにある、フリーマントルという街を紹介したいと思います。

早速ですが、Lonely Planetという名前の会社を聞いたことがありますか?

Lonely_Planet.svg

 

この会社は、旅行者向けに、海外の情報を発信している会社です。様々なトラベルガイドを出版しています。

 

今回、この会社が選ぶ、2016年の世界トップシティーにパース近くにある、フリーマントルという街が入賞しました。

フリーマントルは、僕もかなり気に入っている街です。なので、今回は少しこの街の紹介をしたいと思います!

 

フリーマントル概要

フリーマントルは、パース中心部から、電車(Fremantle line)を利用して30分でアクセスできる街です。ここには、西オーストラリア最大の港もあり、コンテナ船なども多く見ることができます。古い町並みがそのまま残されているので、写真スポットが多いです。カメラをお忘れなく!

DSC_0116

 

ぜひ訪れてみたい場所

 

フリーマントルマーケット

DSC_0086

 

このマーケットは、金、土、日の週三日間だけオープンしています。中では、新鮮な野菜、果物などが買えるほか、お土産物屋さんや地元のブランドの商品を買える店などが入っています。

DSC_0089

 

また、ギターやピアノ、バンドの生演奏なども楽しむことができます。週末は特に地元の人たちで賑わうので、中を歩くのは難しいくらいです。

 

フリーマントル刑務所

この刑務所は世界遺産にも登録されています。現在は使われていないので、中の見学ツアー等も開催されています(1時間半ほどのツアーです)。ツアーでは、刑務所の歴史などを交えた話を聞くことができます。

 

ラウンドハウス

DSC_0073

 

こちらも、刑務所に関連した施設です。この施設は、入る時に2ドル程の募金が必要です。中には、日本語の案内ボードも用意されています。この施設がある場所は高台になっていて、港などを眺めることができるほか、天気のいい日は、ロットネスト島なども見ることができます。

 

シティーセンター

DSC_0055

 

フリーマントルの中心地になります。ここには、大きな教会があるほか、観光案内所もあるので、現地の情報収集に最適です。また、自転車を貸し出している場所もあります。フリーマントルは徒歩でも十分回れるほどの小さな街ですが、自転車があると行動範囲も広がるので、新たな発見があるかもしれません。

 

カフェ通り

DSC_0082

 

カフェ通り、その名の通り、カフェがたくさん立ち並ぶ通りです。普通の民家がカフェに改造されていたりとかなりオシャレなカフェもたくさんあります。お気に入りの店を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

Fish & Chips

DSC_0080

 

フリーマントルには100年くらいの歴史を持つ、Fish & Chipsのお店が何軒かあります。オリジナルのまま、塩で楽しむのもアリですし、かなりバターの効いたものも楽しむことができます。($11~)

 

難破船ミュージアム

 

この博物館では、西オーストラリア州の海岸にたどり着いた難破船が展示されています。入場料は無料ですが、少しの寄付をすることをお勧めします。沈没した船から引き上げられた、大砲なども展示されています。

 

サウスビーチ

DSC_0074

 

フリーマントルには、無料バスが走っています。このバスで南に15分ほどの場所にあるビーチです。気温の高い日は、たくさんの人で賑わうほか、犬を連れて入っても良いビーチも隣にあるので、犬好きの人にはお勧めです。また、カフェもあります。お勧めは、バナナスムージーで、アイスクリームなどもトッピングしてくれます。週末リラックスしたい時にお勧めです!

DSC_0102

 

 

夕日もいかが?

フリーマントルは、現地の人が管理するInstagramアカウントでも紹介される程の夕日が綺麗な場所でもあります。

 

DSC_0115

 

他にも色々と紹介したいものもありますが、あまり多くは書きません。パースから30分ほどに位置するフリーマントル。ぜひ訪れてみてください!

Author Profile

Shun (副代表 パース)
Shun (副代表 パース)
はじめまして、1997年生まれ17歳のShunです。

自分が初めてオーストラリアを訪れたのは小学5年生の時。
とあるご縁で出会うこととなった、NPOの活動で2週間弱滞在しました。
その当時は、英語など話せるわけもなく、Yes, No, Thank youの3語で乗り切ったような気がします。

その頃から漠然と将来は海外を舞台に活躍したいなと考えていました。

その後、そのNPOの活動で、東アフリカ のタンザニアなど合計8カ国を訪問し、現地の学校や、時には首相官邸を訪問、日本の文化を伝える活動をするなど、様々な国の方々と交流を深めてきました。

そして、2014年3月に日本の高校を中退後、オーストラリアに学生としてやってきました。

海外に行くことや、海外の人と交流することで、不安なことは多 少なりともあると思います。
でも、その分人生を変えてしまうような大きな出会いが待っていることもあります。 少しでも自分に出来ることを探して、将来は海 外と日本とを結びつけるような活動をしたいです。
ここでは、オーストラリア滞在中に学んだこと、気づいたこと、今までの自分の経験、色々なことを発信して いけたらいいなと思っています。

よろしくお願い致します。
シェア
前の記事僕の所属するオーストラリアのサッカーチーム紹介!
次の記事アメリカ留学情報発信します!
はじめまして、1997年生まれ17歳のShunです。 自分が初めてオーストラリアを訪れたのは小学5年生の時。 とあるご縁で出会うこととなった、NPOの活動で2週間弱滞在しました。 その当時は、英語など話せるわけもなく、Yes, No, Thank youの3語で乗り切ったような気がします。 その頃から漠然と将来は海外を舞台に活躍したいなと考えていました。 その後、そのNPOの活動で、東アフリカ のタンザニアなど合計8カ国を訪問し、現地の学校や、時には首相官邸を訪問、日本の文化を伝える活動をするなど、様々な国の方々と交流を深めてきました。 そして、2014年3月に日本の高校を中退後、オーストラリアに学生としてやってきました。 海外に行くことや、海外の人と交流することで、不安なことは多 少なりともあると思います。 でも、その分人生を変えてしまうような大きな出会いが待っていることもあります。 少しでも自分に出来ることを探して、将来は海 外と日本とを結びつけるような活動をしたいです。 ここでは、オーストラリア滞在中に学んだこと、気づいたこと、今までの自分の経験、色々なことを発信して いけたらいいなと思っています。 よろしくお願い致します。

コメントなし

返事を書く