留学前

留学前

こんにちは。初めてコラムを執筆させていただくMIZUKIです。小学生の頃から憧れていた高校留学という夢を叶えて今はカナダ中央部に位置するサスカチュワン州の高校に通っています。 カナダに来て早2ヶ月。留学や旅行で海外に来て1番気になるポイントは衣食住の中でもやはり食。初のコラムはその食について紹介していきたいと思います。 まずは世界中で愛飲されているコーヒーについて。日本でもドトールコーヒーやスターバックスを中心にたくさんのコーヒーショップがあります。最近はコンビニエンスストアでも美味しいコーヒーが手に入るようになった為か多くの人がコーヒーを楽しんでいるように感じます。 もちろんカナダでもたくさんの人がコーヒーを飲みます。もちろん日本のようにたくさんのコーヒーショップがありますが、その中でも特に人気を博しているのが「Tim Hortons」。ショッピングセンターはもちろん田舎の方にも沢山の店舗を構えるコーヒーショップです。   カナダ国内ではカフェとしてのティムホートンのシェアは62パーセント、コーヒー・パン菓子製品の店舗としてのシェアは76パーセントとカナダ最大のファストフード店となっています。店舗数はかのマクドナルドの2倍とどこにでもティムホートンズが存在することがわかります。 ティムホートンズは元々はカナダで活躍したアイスホッケー選手、ティムホートンがセカンドビジネスとして始めたのがきっかけです。しかし、彼は残念ながら交通事故で亡くなってしまいました。 そんなティムホートンズのウリは安くて美味しいコーヒーとドーナツ。一杯1.4ドルほどから購入できるにも関わらず、淹れてから10分が経過したコーヒーは廃棄するという徹底ぶり。また、ドーナツは1つ1ドル未満で購入することもできます。しかしドーナツはかなり甘いのでくれぐれも慎重に、、、。           たくさんのドーナツが店頭に並びます。ショッピングセンターなどに入っている店舗よりも独立しているタイプのお店のほうがドーナツな品揃えがいいです。 春にはカナダの風物詩ともいえる「RRROLL UP THE RIM TO WIN」というイベントが開催されます。期間中にコーヒーやホットチョコレート等のホットドリンクを購入するとドーナツやコーヒー、テレビや車まで当たるというイベントです。期間中はいつもとは違うカップでドリンクが提供され、飲み終わった後にカップのふちをめくると当たりハズレが分かるという具合です。筆者もドーナツは当たってもなかなか車が当たらないという、、、。 こんな具合にふちをめくります。あたりでした!ドーナツとは書いてありますが、ドーナツ意外にもマフィンやクッキーに交換することもできます。 また、スターバックスよりもメニュー数は少ないですが、フラペチーノ系のドリンクやフローズンスムジーなどがあるので夏場でも楽しめるのもポイントです。 さて、お次はカナダの国民食、プーティンについてご紹介します。カナダはアメリカを超える移民国家。沢山の文化と人種で成り立っている国です。そのためこれといったカナダ料理があるわけではありません。しかし、そんな中筆者が思いついた唯一の正真正銘のカナダ料理がプーティン。1950年代のフレンチカナディアンの文化圏であるケベックが発祥とされています。 プーティンとはフライドポテトに肉汁で作ったグレービーソースとチーズをかけたなんとも高カロリーな食べ物。コーラが最高に合います。カナダ人が太めな理由がよくわかります。プーティンはファストフード店はもちろんレストランや学校のカフェテリアなどどこでも食べることができます。 これは学校のプーティン。お昼の時間に真っ先に売り切れるメニューなのでみんな走って買いに行きます。3.5ドルというお手頃な価格も人気の理由と言えそうです。追加で50セントを支払うとネギとサワークリーム、ベーコンを乗せてもらえる時もあります。まれに無料で2種のチーズかけになることも。出会えたらラッキーです。 こちらのプーティンにはカリカリベーコンとサワークリームがトッピングされています。提供する店舗によってそれぞれのプーティンを味わえるのも魅力の1つです。 今回紹介させていただいたティムホートンズとプーティンはカナダ全土にあるのでカナダを訪れた際には是非試してみては? 以上、カナダの食についての紹介でした。次回のコラムもお楽しみに!

こんにちは、Shunです! 今回、Sekai to Japanの公式Instagramが完成しました!現地の留学生が撮った写真をどんどん投稿していくので、ぜひチェックしてみてください!また、実際に留学されている方の中で、「自分が撮った写真も共有してみたい!」という方も大歓迎です。気軽に連絡ください!よろしくお願いします! Username: @sekaitojapan https://www.instagram.com/sekaitojapan/  

こんにちは。 新しくSekai to Japanの記事を担当させていただくことになりましたKaceyです。 現在アメリカ、アイオワ州にあるコミュニティカレッジ(公立短期大学)に進学しています。 少し私の自己紹介をさせていただきます。 私が英語に興味を持ち始めたのは高校二年生の頃です。 それまでは英語は言語というよりも、科目というイメージで一切コミュニケーションを英語で取ろうとしっかりと考えたことはありませんでした。 今日本でも評判になっているリベラルアーツという一般教養を学ぶアメリカの教育に憧れ、調べていくうちアメリカに興味が湧いてきてしまい、英語が全然できるわけでもないのにこちらへの進学を決めました。 留学を両親に相談した時は金額の面から大きく反対されました。調べていくうちにコミュニティカレッジという公立短期大学は留学生に対してもリーズナブルな価格で教育を提供しているということを知り、両親を説得することができました。 コミュニティカレッジについては私のブログ留学BOXで経験や、費用削減の方法についてまとめてあります。 正直始めの3ヶ月は苦労の連続でしたが、半年を過ぎてきてかなり英語にも慣れていきました。今は会計学を専攻していて、以前の目標だった英語を上達させることよりも実際に英語で知識を身につけるということにフォーカスして学びを進めています。 こちらに来てから陸上を始めていて、今は勉強、陸上と忙しく充実した日々を送っています。 留学は大変なこともあり、苦労すると思います。ですがその苦労が私を強く大きく成長させてくれました。 留学をしたいと考えている学生にはぜひ思い切って留学をして欲しいと思っています。 私が経験した留学情報を現地から発信していきますのでこれからもよろしくお願いします。

代表のYuyaです。 今日は留学前や海外に出る前にしておくべきことのお話をしたいと思います。 僕はオーストラリアに来て早7年が経ちますが、 日本でこれをしておけば良かったとおもうことが多々あります! その中で一番しておくべきだったと感じたことは 英語の勉強量でも、英単語の勉強でも、オーストラリアについてもっと調べることでもありません。 1番しておくべきだったと感じていることは   「自分の生まれ育った国、日本について知っておくことです」   留学するのに、なんで日本について知っておかないといけないの?とおもう方も多いかもしれません。 ですが、日本に関する知識量で現地の友達ができる数が大きく変わってくると言っても過言ではないほどとても重要なことなのです!   例えばもしあなたの通う学校を勤め先にオーストラリア出身の人がいたとして、一番聞きたいと思うことはなんでしょうか? オーストラリア出身の人に、日本の歴史について聞いたりしませんよね 笑 やはり気になることといえば、オーストラリアについて、観光名所や英語についてだと思います。 逆に考えると、海外に出た時、留学した時には間違いなく現地の人から日本について聞かれます。   僕は友達に 「お前の出身の地域は人口何人なんだ?」と聞かれた時はさすがに困りました 笑 あと日本の宗教事情について聞かれた時は当時高校生だった僕は答えに詰まってしまいました。 まあ、さすがに人口は難しいですが、宗教に関してはあまり自分もよく分かっておらず もっと知っておくべきだとその時実感しました。   僕たちが日々当たり前のように使っているものや、知識として入っているものが海外の方からすれば全く意味がわからないということのほうがあり得るのです。 日本人の中でキリスト教徒でもない人がクリスマスを盛大に祝っているところなどまさに 海外の人からすれば謎の世界ですね 笑 クリスマス以外にも、サムライって一体何なのだろうかとか アルファベットは26個あるけど、日本の漢字は一体いくつあるのだろうとか 疑問に思うことはたくさんあります。   そんな時に、英語でその疑問を解決してあげれば 「日本についてだったらこいつに聞けば教えてくれるぞ!」と一杯質問してきて、仲良くなるきっかけを作ることができます。 例えば、海外で今空前のお寿司ブームが起こっていますが、寿司は日本の食べ物というだけでなく 色んな雑学も交えて教えてあげることが出来れば、とても喜ぶこと間違いなしです。   逆に日本について答えれなければどうでしょうか? 海外の人からすれば、1番興味のあることを答えてもらえなければ、自分に対する関心も薄れてしまいます。 もしかしたら同じ学校に通っている他の日本人の人のところに聞きに行ってしまうかもしれません。   ですので、日本のことについて知っておくことはとても重要です! 机に向かって英語や留学先について調べたり勉強することも大事ですが、 海外の人に自分の体験談を交えて日本の魅力について伝えれるよう、 日本のお寺に行ってみたり、日本の伝統文化に触れることができる行事に参加してみるのも 留学前にすべきことの1つかもしれませんね!  

代表のYuyaです! みなさん突然ですがfacebookはお持ちですか? 僕の個人的な印象では 海外と比べると日本ではあまり使わない人も多いような気がします。どちらかといえば人気のあるのはTwitterだったりLineだったりInstagramなどなど。facebookなんてそもそも使い道がよくわからないしやっている人も少ないと思う方もいるでしょう。ただ留学する上で絶対にfacebookは僕の経験上やっておくべきだと思います! その理由と僕の体験談を交えて今日はご紹介していきたいと思います!   ①気軽に友達を検索することができるなぜならまず名前で検索できるからです。留学して学校の友達と仲良くなった。でも連絡先がわからないという時でもfacebookであれば名前で検索できるのですぐに連絡を取ることができます。ちょっと喋ったことがあるという人にでも気軽に友達申請を送って友達になってみましょう!   ②相手のことをもっと良く知ることができ、相手も自分を知れるFacebook上で友達になれば、どういったメリットがあるのでしょうか?友達になればまず1番にお互いの近況を知ることができこの人はこういうことが好きなのか!と知るきっかけになりますし相手も自分のことを知るきっかけとなります。   ③話題作りに繋がる相手のことを知ることが出来れば今度は話しかけるネタにもなります。 どこか旅行に行った写真がUPされていれば 「◯◯に行ってたんだね!どうだった?」 と聞くことができたりと会話をスタートしやすくなります。   ④メッセージを気軽に送ることができるそして近況を知った上ですぐにfacebookで相手に個人メッセージを送ることができるのもいいところの1つです。例えば遊びに誘ってみたりとか何気ない会話をしたみたりすることができSpeakingが苦手!という人でもメッセージなのでしっかりと意味を調べながら会話することができるので仲良くなれるいいチャンスの1つになります。さらにメールアドレスのように頻繁に変わらないところもいいところの1つです。自分の名前で登録しているので自分の名前が変わらない限りアカウントが変更されることはないのでほぼ永久的に友達と連絡を取れる手段となります。     僕は学校生活を通してドイツ人、イタリア人、ブラジル人、スイス人、オーストリア人、オーストラリア人や日本人などの様々な国の友達と出会い、今は全員違う国にいますが、未だにfacebookのおかげで連絡を取り合うことができます。 これから留学する!という方はfacebookアカウントを作ってみるというのも1つなのではないでしょうか? ちなみにSekai To JapanのFacebookページもあります! ページにいいね!していただくと、Sekai To Japanに関するニュースや最新記事をいち早く知ることができます! そして我々ライターのモチベーションの1つにもなります! ぜひいいね!ボタンへのクリックよろしくお願いします!   にほんブログ村 にほんブログ村  

私が一年目の留学や一時帰国した際によく悩んでいたのがニュージーランドへの日本のお土産です。 お土産はホストファミリーや友達とコミュニケーションをとるキッカケにもなるのでとても重要です! 「ではどんなお土産をあげたら喜ばれるでしょう?」 私が今まであげて喜ばれたお土産とお土産選びのポイントを紹介します!   ・日本の伝統的なお土産 一年目の留学時はホストファミリーが若い夫婦で、まだ彼らがどんなのが好きなのか分からなかったので日本の文化を紹介できるお土産にしました。 これから卒業までお世話になるつもりだったので少し高価ですが浴衣セットをあげました。 でもそのおかげで英会話力が皆無だった私でも浴衣の着付けを教えたりしてたらいつの間にか簡単にコミュニケーションを取ることができていました。 浴衣以外には箸や手拭いなども喜ばれると思います。 箸でも和風の絵柄や名前入りなども喜ばれます。 最初、外国人は箸を使えないイメージでしたがニュージーランドでは寿司屋などでみんな使いこなしていました。 手拭いは最近では100円ショップでも売られていて可愛い柄がたくさんあります。 私も安いのでたくさんお土産に買っちゃいました。 ですが手拭いの使い道は私も分からないのでTea towle(食器用ふきん)として使ってもらっています。 吸水性いいみたいです!笑   ・みんなで分けられるお土産にオススメのお菓子 大家族のホストファミリーや学校の友達には全員一つづつは買ってあげられないのでみんなでシェアできるお菓子を買います。 そこで一番定番なのがKitKatですね~ 私の周りには抹茶好きがいたのでよく抹茶味をあげていました。 他にも限定版などいろんな味がありますが結構好き嫌い分かれるので気を付けて下さい!   学校の友達の間で人気だったのがハッピーターン! めちゃくちゃ意外ですが私の友達は甘くてしょっぱいのが気に入ったみたいです。 大体の日本のお菓子はウケるので王道を買っとけば間違いないです! みんな、お菓子を配って友達と仲良くなるキッカケを作ろう~!!   ・目を惹くデザインのお土産 ニュージーランドではGreentea(お茶)は結構飲まれていてこれもお土産に最適です。 パックのお茶だと簡単にできるし、最近ではパッケージなど海外のお土産用におしゃれに工夫されています。 私はお茶に和柄の湯呑み茶碗をつけて今の老夫婦のホストファミリーにあげました。   前回帰国した際にいろんな所で見かけたのがこちらのパックです。 こんなお土産にピッタシな物なんてない!と思いました。笑 日本ならではの舞妓さんや侍、歌舞伎のなりきることができるパックです。 他にもアニメのキャラクターなどもあるみたいです。 もちろん友達に買っていって後でパックをした写真が送られてきて「これ最高!笑」って言ってました。 ちなみにちゃんと保湿力もあっていいみたいです~ 最後は外国人向けのお土産の王道の日本語のプリントされた服です! 最近ではH&MやForever21でも日本語のプリントされた面白い服が売られていて最先端過ぎてオシャレに見えてきました。笑 ニュージーランドのクライストチャーチにはH&MやForever21はありませんが通販で買ってる友達がいて意外に人気です! よくモールで意味を知らずに「病気です。」のプリントを着てる人を見かけて面白かったです。笑 オシャレな友達をお持ちの方にはオススメのお土産です~ 私のお土産選びのセンスはどうでしたでしょうか? ちょっとした気遣いや相手への思いを込めた素敵なお土産でホストファミリーや友達に日本の事を知ってもらい距離を縮めましょう! 参考になったら嬉しいです。