オーストラリアの首都、キャンベラってどんなとこ?

オーストラリアの首都、キャンベラってどんなとこ?

276
0
シェア

 

こんにちは、Shunです。今回は、オーストラリアの首都キャンベラに行ってきました。

 

まず、キャンベラはどこにあるかと言いますと、シドニーから300キロ南に位置しています。

Australia_map_downsized

 

今回は、シドニー中心部にある、セントラル駅から高速バスで行ってきました。

セントラル駅を出て、3時間、時速110キロでバスは高速道路を走り続けます。もちろん、信号などあるはずもないので、シドニーを出発してからほぼノーストップです。ひたすら同じ景色を見ながら過ごしていると突然目の前に街が現れました。キャンベラです。

 

今回はあまり時間がなかったので、可能な範囲で街を回ってみました。

 

①オーストラリア国会議事堂

DSC_0551

 

オーストラリアの国会です。せっかくなので、空港での手荷物検査のようなものを受けて、中に入ってみました。無料です。僕は時間が合わなかったので参加できませんでしたが、ツアーもあるようです。

DSC_0558

 

②オーストラリア旧国会議事堂

DSC_0535

 

③オーストラリア国立ミュージアム

IMG_5604

 

オーストラリアがどう発展してきたのかが紹介されていました。

④キャンベラ市内散策

キャンベラ市内には、Myer やDavid jones などがありました。また、クリスマスが近いのでクリスマスツリーなども用意されていました。

IMG_5589

 

シドニーやパース、ゴールドコーストなどの都市と比べると、本当に小さな街でした。

 

キャンベラを勧める理由

①地元の人がとてもフレンドリー

街中をカメラ片手に歩いていると、どこから来たの?などと声をかけてくれる方たちが多かったです。そのまま10分くらいの雑談になったりととても楽しかったです。

DSC_0515

 

また、バス運転手の方もとても親切な方でした。バス運転中にもかかわらず、地図を取り出して、どこに行きたいの?と。そして、そこに行くならこの辺で降ろしてあげるよ。と親切にも教えてくれました。他にも、キャンベラのバスチケットには大人運賃と学生運賃の両方があったのですが、僕はキャンベラの学生ではないので大人運賃を払おうとすると、運転手の方が学生運賃でいいよ。と。西オーストラリアで学生ならそれで良いから。と言ってくれたりもしました。

 

 

②ミュージアムなどが豊富にあります。

キャンベラには、美術館やミュージアムがたくさんあります。しかも、入場料は大半が無料!(寄付を募っている場合が多いです)時間に余裕があれば、じっくり楽しめそうですね。

 

③レンタル自転車はいかが?

今回は残念ながら時間がなかなか取れず、自転車まではいかなかったのですが、キャンベラを観光する方法の一つとして、自転車という手段がオススメだそうです。街中にも、自転車を貸し出しているスポットがありましたし、なんとキャンベラのバスには、自転車を乗せることもできます!(オーストラリアでは、電車に自転車を乗せることはできますが、バスは初めて見ました)

IMG_5590

 

 

シドニーからバスで3時間半、メルボルンから7時間、飛行機だと1時間前後に位置している首都キャンベラ、機会があれば是非訪れてみてはいかがでしょうか。

DSC_0590

 

P.S. もし長距離バスで移動する場合、何かしらの暇つぶしグッズを用意しておくことをオススメします。音楽だったり本だったり。これは、オーストラリア全土で言えることなのですが、田舎道を走っていると、どこまで行っても同じ景色でかなり退屈してしまいます。バスにもよりますが、Wi-Fi が使えたり、USBチャージャーが付いてたりもします。

Author Profile

Shun (副代表 パース)
Shun (副代表 パース)
はじめまして、1997年生まれ17歳のShunです。

自分が初めてオーストラリアを訪れたのは小学5年生の時。
とあるご縁で出会うこととなった、NPOの活動で2週間弱滞在しました。
その当時は、英語など話せるわけもなく、Yes, No, Thank youの3語で乗り切ったような気がします。

その頃から漠然と将来は海外を舞台に活躍したいなと考えていました。

その後、そのNPOの活動で、東アフリカ のタンザニアなど合計8カ国を訪問し、現地の学校や、時には首相官邸を訪問、日本の文化を伝える活動をするなど、様々な国の方々と交流を深めてきました。

そして、2014年3月に日本の高校を中退後、オーストラリアに学生としてやってきました。

海外に行くことや、海外の人と交流することで、不安なことは多 少なりともあると思います。
でも、その分人生を変えてしまうような大きな出会いが待っていることもあります。 少しでも自分に出来ることを探して、将来は海 外と日本とを結びつけるような活動をしたいです。
ここでは、オーストラリア滞在中に学んだこと、気づいたこと、今までの自分の経験、色々なことを発信して いけたらいいなと思っています。

よろしくお願い致します。
シェア
前の記事オーストラリアの高校のテストはこんなにも違う!
次の記事ドイツでのクリスマス!
はじめまして、1997年生まれ17歳のShunです。 自分が初めてオーストラリアを訪れたのは小学5年生の時。 とあるご縁で出会うこととなった、NPOの活動で2週間弱滞在しました。 その当時は、英語など話せるわけもなく、Yes, No, Thank youの3語で乗り切ったような気がします。 その頃から漠然と将来は海外を舞台に活躍したいなと考えていました。 その後、そのNPOの活動で、東アフリカ のタンザニアなど合計8カ国を訪問し、現地の学校や、時には首相官邸を訪問、日本の文化を伝える活動をするなど、様々な国の方々と交流を深めてきました。 そして、2014年3月に日本の高校を中退後、オーストラリアに学生としてやってきました。 海外に行くことや、海外の人と交流することで、不安なことは多 少なりともあると思います。 でも、その分人生を変えてしまうような大きな出会いが待っていることもあります。 少しでも自分に出来ることを探して、将来は海 外と日本とを結びつけるような活動をしたいです。 ここでは、オーストラリア滞在中に学んだこと、気づいたこと、今までの自分の経験、色々なことを発信して いけたらいいなと思っています。 よろしくお願い致します。

コメントなし

返事を書く