新メンバーが紹介する、これは知っておきたいカナダの食文化!

新メンバーが紹介する、これは知っておきたいカナダの食文化!

1057
0
シェア
こんにちは。初めてコラムを執筆させていただくMIZUKIです。小学生の頃から憧れていた高校留学という夢を叶えて今はカナダ中央部に位置するサスカチュワン州の高校に通っています。
カナダに来て早2ヶ月。留学や旅行で海外に来て1番気になるポイントは衣食住の中でもやはり食。初のコラムはその食について紹介していきたいと思います。
まずは世界中で愛飲されているコーヒーについて。日本でもドトールコーヒーやスターバックスを中心にたくさんのコーヒーショップがあります。最近はコンビニエンスストアでも美味しいコーヒーが手に入るようになった為か多くの人がコーヒーを楽しんでいるように感じます。
もちろんカナダでもたくさんの人がコーヒーを飲みます。もちろん日本のようにたくさんのコーヒーショップがありますが、その中でも特に人気を博しているのが「Tim Hortons」。ショッピングセンターはもちろん田舎の方にも沢山の店舗を構えるコーヒーショップです。

 IMG_6793

カナダ国内ではカフェとしてのティムホートンのシェアは62パーセント、コーヒー・パン菓子製品の店舗としてのシェアは76パーセントとカナダ最大のファストフード店となっています。店舗数はかのマクドナルドの2倍とどこにでもティムホートンズが存在することがわかります。
ティムホートンズは元々はカナダで活躍したアイスホッケー選手、ティムホートンがセカンドビジネスとして始めたのがきっかけです。しかし、彼は残念ながら交通事故で亡くなってしまいました。
そんなティムホートンズのウリは安くて美味しいコーヒーとドーナツ。一杯1.4ドルほどから購入できるにも関わらず、淹れてから10分が経過したコーヒーは廃棄するという徹底ぶり。また、ドーナツは1つ1ドル未満で購入することもできます。しかしドーナツはかなり甘いのでくれぐれも慎重に、、、。
IMG_6794

 

 

 

 

 

たくさんのドーナツが店頭に並びます。ショッピングセンターなどに入っている店舗よりも独立しているタイプのお店のほうがドーナツな品揃えがいいです。
春にはカナダの風物詩ともいえる「RRROLL UP THE RIM TO WIN」というイベントが開催されます。期間中にコーヒーやホットチョコレート等のホットドリンクを購入するとドーナツやコーヒー、テレビや車まで当たるというイベントです。期間中はいつもとは違うカップでドリンクが提供され、飲み終わった後にカップのふちをめくると当たりハズレが分かるという具合です。筆者もドーナツは当たってもなかなか車が当たらないという、、、
IMG_6797
こんな具合にふちをめくります。あたりでした!ドーナツとは書いてありますが、ドーナツ意外にもマフィンやクッキーに交換することもできます。
また、スターバックスよりもメニュー数は少ないですが、フラペチーノ系のドリンクやフローズンスムジーなどがあるので夏場でも楽しめるのもポイントです。
さて、お次はカナダの国民食、プーティンについてご紹介します。カナダはアメリカを超える移民国家。沢山の文化と人種で成り立っている国です。そのためこれといったカナダ料理があるわけではありません。しかし、そんな中筆者が思いついた唯一の正真正銘のカナダ料理がプーティン。1950年代のフレンチカナディアンの文化圏であるケベックが発祥とされています。
プーティンとはフライドポテトに肉汁で作ったグレービーソースとチーズをかけたなんとも高カロリーな食べ物。コーラが最高に合います。カナダ人が太めな理由がよくわかります。プーティンはファストフード店はもちろんレストランや学校のカフェテリアなどどこでも食べることができます。
IMG_7197
これは学校のプーティン。お昼の時間に真っ先に売り切れるメニューなのでみんな走って買いに行きます。3.5ドルというお手頃な価格も人気の理由と言えそうです。追加で50セントを支払うとネギとサワークリーム、ベーコンを乗せてもらえる時もあります。まれに無料で2種のチーズかけになることも。出会えたらラッキーです。
IMG_6432
こちらのプーティンにはカリカリベーコンとサワークリームがトッピングされています。提供する店舗によってそれぞれのプーティンを味わえるのも魅力の1つです。
今回紹介させていただいたティムホートンズとプーティンはカナダ全土にあるのでカナダを訪れた際には是非試してみては?
以上、カナダの食についての紹介でした。次回のコラムもお楽しみに!

Author Profile

Mizuki(カナダ)
Mizuki(カナダ)
東北の田舎町出身。
小学生の頃から憧れていた高校留学を2016年1月から開始。
現在はカナダの中央部にある超マイナーな州、サスカチュワン州の私立高校の10年生。
飛行機をこよなく愛し、好きな食べ物ははらこ飯とイカの塩辛。カナダではプーティンとケチャップのかかった食べ物は無条件で手が伸びる。
英会話教室や英語教材を一切使用しないで中学1年生から学校でのみ英語を学んだどこにでもいるフツーの高校生だから語れる留学について連載していきます。
シェア
前の記事Sekai to Japanに公式Instagramが登場!
次の記事高卒で海外挑戦???二人の経験を一つに!ShuheiとShunが語ります!
東北の田舎町出身。 小学生の頃から憧れていた高校留学を2016年1月から開始。 現在はカナダの中央部にある超マイナーな州、サスカチュワン州の私立高校の10年生。 飛行機をこよなく愛し、好きな食べ物ははらこ飯とイカの塩辛。カナダではプーティンとケチャップのかかった食べ物は無条件で手が伸びる。 英会話教室や英語教材を一切使用しないで中学1年生から学校でのみ英語を学んだどこにでもいるフツーの高校生だから語れる留学について連載していきます。

コメントなし

返事を書く